施設概要

就職を目指す障がい者のための職業訓練校です

摂津市障害者職業能力開発センター(通称 せっつ くすのき)は、昭和61年4月「障害者の雇用の促進等に関する法律」に基づき設置され、大阪府の特別委託訓練施設として社会福祉法人摂津宥和会が設置し運営している、障がい者の職業能力開発訓練施設です。
障がい者の就業を可能にするため、障がい者の能力の開発および向上を図り、関係機関及び民間企業の協力を得て、それぞれの適性と能力に応じた職業に就き、その職業生活の安定を図ることを目的としています。

特色1高い就職率

OA実務科は91.7%、実務作業科は97.2%の就職率です。(平成17年9月~平成31年3月のデータ)
大阪府の能力開発訓練施設ではトップクラスであり、各方面から高い評価をいただいています。

特色2きめ細やかな個別支援

OA実務科10名、実務作業科10名といった少人数の訓練校だからこそできる、きめ細やかな個別支援。
個々の特性に合わせた訓練および支援内容で就職へと導きます。

特色3充実したアフターケア

経験豊富な指導員が、職場への定着をしっかり支援します。
長く続けられるよう、本人、事業所の双方をしっかりサポート。

施設情報

施設名摂津市障害者職業能力開発センター
設置コースOA実務科(身体障がい者対象)
実務作業科(知的障がい者対象)
訓練内容ページへ
場所〒566-0062 大阪府摂津市鳥飼上5-2-8 ふれあいの里
電話072-653-1212(代表) 8:45〜17:15受付、土日祝・年末年始を除く
FAX072-653-0300
運営法人社会福祉法人摂津宥和会

関連施設

摂津市障害者職業能力開発センターは、職業能力開発促進法に基づき、障がい者が就職に必要な技術・知識を習得して職業的に自立し、生活の安定と地位向上をはかることを目的として国が設置し、大阪府が運営する大阪障害者職業能力開発校(堺市)の障がい者の特別委託訓練を受託している施設です。