実務作業科

実務作業科の訓練内容

フィジカルトレーニング、各種軽作業、木工などの実習訓練により、生活態度・集中力・持続性などの向上を図り、多種多様な業種や仕事内容に対応できる体力、基礎知識、技能の開発養成を行います。社会人として必要な知識、態度、人間関係などのコミュニケーション技術もあわせて訓練します。

フィジカルトレーニング

毎日休まず元気に仕事をするためには、強い体が必要です。どんな仕事にも耐えられる体力を作るため、ほぼ毎日フィジカルトレーニングを行います。なわとび・ランニング・筋力トレーニングといったメニューをメインに行い、時には野球やサッカーなどチームプレー競技を行います。

軽作業

手先の巧緻性を高める・集中力を養う・持続力をつけるなどの課題をもって、釘さし・ネット詰め・宛名書き・ボルト締めなどの訓練を行っています。 作業の中には時間を計測してよりスピーディーな動きを要求するものがあります。 どの作業も訓練生の「できました!!」という大きな声がとびかい、活気ある授業です。

木工作業

木工作業に使用するいろいろな道具や機械の使い方を学び、自分が使う道具を大切にするため、手入れをする、使いやすい状態に管理するという、就労に必要な基本的スキルを身につけます。

学習

就職に必要な学習の授業を週に2回程実施しています。小学生の算数・国語ドリルを使用し学習をすすめています。 そして字の練習から履歴書の練習まで行います。

PC操作・データ入力

パソコンの基本操作とデータ入力ソフトによるデータ入力作業、簡単な文書や表の作成等を実習し技能の養成を目標にしています。

時間割の例

1時限 9:00~9:50 合同軽スポーツ、フィジカルトレーニング
2時限 10:00~10:50 職場適応訓練
学習
パソコンデータ入力
3時限 10:50~11:40
休憩 11:40~12:30
4時限 12:30~13:20 就職準備訓練
軽作業実習
木工学習
清掃・環境整備
5時限 13:20~14:10
6時限 14:20~15:10
7時限 15:10~16:00

OA実務科と合同で行う行事など

訓練生の協調性、社会性を高めることを目的に、実務作業科とOA実務科が合同で訓練や行事を行っています。互いの障がいについて理解するとともに、同じ就職を目指す仲間と絆を深める大切な時間となっています。

合同軽スポーツ

ボッチャ、風船バレー、コロコロ卓球、スカットボールなど、障がいがあっても参加できるスポーツを行います。審判や準備も訓練生が行い、協調性、自主性、チームワークを養います。

手話

手話の講習会を行っています。特例子会社では聴覚障がい者が多数おられるという状況、様々な障がいの理解が必要とされる状況をふまえ、基本となるあいさつ、自己紹介、簡単な日常会話が可能となるよう練習しています。

くすのき会

生徒会のような訓練生主体の組織です。それぞれの障がいの状況をふまえて、すべての訓練生が楽しめる行事を試行錯誤しながら企画・実施しています。