就職を目指す障がい者のための職業訓練校です

摂津市障害者職業能力開発センターについてご説明します。

特色

高い就職率、きめ細やかな個別支援、充実したアフターケア

高い就職率

OA実務科は94.3%、実務作業科は97.1%の就職率です。(平成13年~平成25年のデータ)
大阪府の能力開発訓練施設ではトップであり、各方面から高い評価をいただいています。

きめ細やかな個別支援

OA実務科10名、実務作業科10名といった少人数の訓練校だからこそできる、きめ細やかな個別支援。
個々の特性に合わせた訓練および支援内容で就職へと導きます。

充実したアフターケア

経験豊富な指導員が、職場への定着をしっかり支援します。
長く続けられるよう、本人、事業所の双方をしっかりサポート。

設置目的

摂津市障害者職業能力開発センター(通称 せっつ くすのき)は、昭和61年4月「障害者の雇用の促進等に関する法律」に基づき設置され、大阪府の特別委託訓練施設として社会福祉法人 摂津宥和会が設置し運営している、障がい者の職業能力開発訓練施設です。

障がい者の就業を可能にするため、障がい者の能力の開発および向上を図り、関係機関及び民間企業の協力を得て、それぞれの適性と能力に応じた職業に就き、その職業生活の安定を図ることを目的としています。

身体障がい者 知的障がい者 対象の2科目があります。

OA実務科(肢体不自由者・内部障がい者 対象)

  

1年制(定員10名:4月入校5名・10月入校5名)

パーソナルコンピュータに対応したWord・Excel・PowerPointをはじめとするアプリケーションソフトの操作、ホームページ作成技術、文書処理、簿記等の事務処理全般についての知識、技能を養成します。


Word・Excel・PowerPoint・簿記・HP作成などの訓練
Word・Excel・PowerPoint
簿記・ホームページ作成などの訓練

実務作業科(知的障がい者 対象)

  

1年制(定員10名:4月入校のみ)

体育、各種軽作業、木工等の実習訓練により、生活態度・集中力・持続性等の向上を図り、多種多様な業種や仕事内容に対応できる体力、基礎知識、技能の開発養成を行います。


集中力・持続力・巧緻性を高める訓練
集中力・持続力・巧緻性を高める訓練

授業料は無料です。

訓練生の特典及び援護措置

公共職業安定所長の受講指示を受けて入校された方には、雇用保険の延長給付などが適用される場合があります。

授業料は無料です。

休日 土・日曜日、国民の祝日、センターの指定する日
夏期(8月初旬~中旬)約1週間
冬期(12月下旬~1月初旬)約2週間
春期(3月下旬~4月上旬)約2週間
入校中の経費 制服(作業服・体操服)及び教科書等の教材費、行事費等を実費負担していただきます。

時間割一例

 
時限 時間 OA実務科 実務作業科
1 9:00~9:50 体育、社会 体育
2 10:00~10:50簿記
パソコン入門
職場適応訓練
3 10:50~11:40
休憩 11:40~12:40 昼食
4 12:40~13:30 ワープロソフト
プレゼンテーションソフト
表計算ソフト
ホームページ作成
応用訓練
作業実習
清掃・環境整備
木工学習
5 13:30~14:20
6 14:30~15:20
7 15:20~16:10

様々な年間行事

レクリエーション的要素、学習的要素を含む様々な行事
知識・経験の拡大を図り、訓練生の協調性・社会性を養います。


     
  • 入校式(4月・10月)
  •    
  • 保護者懇談
  •    
  • 就職相談会
  •    
  • 防火避難訓練
  •    
  • 人権研修
  •    
  • 運動会
  •    
  • 修了式(3月・9月)